鹿児島県茶生産協会のホームページです。
かごしま茶ロゴマーク社団法人鹿児島県茶生産協会 協会会員専用 かごしま茶キャラクター「茶々丸くん」
English
生産協会について

クリーンな「かごしま茶」づくり事業について

事業推進の趣旨

近年、お茶は健康飲料としてその良さが見直され、消費者の関心と期待が極めて高くなってきています。

一方お茶による新商品の開発が進み、多種多様な利活用のほか、飲むものに加え食べるお茶などへの用途が進むにつれて、消費者はますます安全性を求める傾向が強くなりつつあります。

このような中で、茶の主要産県である本県においては、これまでにもまして、さらに関係者一体となって、クリーンな「かごしま茶」づくりを積極的に進め、安全かつ良質なお茶を消費者へ提供することとし、そのための事業を推進します。

事業推進体制

推進本部: 鹿児島県茶業会議所、(一社)鹿児島県茶生産協会、
         鹿児島県茶商業協同組合、鹿児島県経済農業協同組合、
         鹿児島県

かごしま茶の安全・安心・信頼システムの確立

経過

第6回環境保全型農業推進コンクール農林水産大臣賞平成5年3月から全国に先駆けて、県茶業会議所を推進本部に、クリーンな茶づくりを積極的に展開してきました。

その成果が全国的に認められ、平成13年2月には、(社)鹿児島県茶生産協会が第6回環境保全型農業推進コンクールにおいて、農林水産大臣賞を受賞しました。

クリーンな「かごしま茶」づくり事業計画書
・第1期対策:平成5年3月〜平成8年2月まで
・第2期対策:平成8年3月〜平成11年2月まで
・第3期対策:平成11年3月〜平成14年2月まで
・第4期対策:平成14年3月〜平成17年2月まで

第4期対策(平成14年3月〜17年2月)の重要推進項目

  1. 茶への異物混入防止の徹底
  2. 施肥量10a当たり50s達成と施肥台帳の記帳
  3. ハマキ天敵利用を基幹とした総合防除体制の維持・強化
  4. クリーンな茶づくり認定工場の推進と認定工場実態調査
  5. 茶の表示基準の遵守と鹿児島県標章茶(シンボルマーク)制度の促進
  6. 鹿児島県茶市場利用による品質向上のための情報活動の強化

第3チェック運動について

  1. 乾燥の徹底
  2. 配合の徹底
  3. 異物混入の一掃

展開方策

  1. 生産履歴管理・記帳運動の実施
  2. クリーンな認定茶工場の取組強化
  3. 安全防除運動の強化
<トレーサビリティーと生産履歴>
  • 食品の生産・加工・流通等のフードチェーンの各段階で、食品とその情報を追跡できる仕組み
  • 消費者、生産者が個々の食品の生産あるいは製造の履歴を即時に情報検索できる仕組み
  • 生産過程と流通過程の履歴書を作成し、開示できる仕組み

「かごしま茶」の生産履歴システムについて

生産履歴管理・記帳運動の意義

  1. 農産物の安全の確保
    無登録農薬の問題が浮上している昨今、「生産履歴の管理」を通じて「安全」と「品質」を確保する。
  2. 消費者・取引先への安心の提供
    流通業界も生産履歴が記帳された農産物を求めているため、その根拠を説明し、「安心」を届ける。
<パンフレットダウンロード>
パンフレットダウンロードはこちらをクリック「消費者に信頼される安全・安心でクリーンなかごしま茶づくりのために生産履歴の記帳を徹底しよう!」

〜「かごしま茶」の安全・安心・信頼システムの確立に向けて〜

* お読みいただくにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
このページの上に戻る
Copyright(c)2005 鹿児島県茶生産協会 All Rights Reserved.