鹿児島県茶生産協会のホームページです。
かごしま茶ロゴマーク社団法人鹿児島県茶生産協会 協会会員専用 かごしま茶キャラクター「茶々丸くん」
English
かごしま茶について

おいしいお茶の淹れ方

 

※実はお茶のいれ方の『いれる』は『淹れる』と書きます。

しかし、「淹」は常用漢字でないため、当協会ではトップページのみ「入れ方」と標記しております。どうぞご理解ください。

下部に「いれかた」標記について詳細をお知らせいたします。

 

 

煎茶(玉緑茶・深むし茶)のおいしい入れ方

ポット等から人数分の茶碗にお湯を8分目ほど入れて冷ます。
(上茶で70℃、並で90℃)

※茶碗を持って熱いけどなんとか触れる程度が約80℃です。目安でお考えください。

お茶葉を急須に入れる。
5人で10g(大さじ2杯)
※人数分の場合は茶葉を多めに
茶碗のお湯を急須に入れ、約1分お茶が侵出するのを待つ。 (深むし茶は約30秒)
均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴までしっかり絞りきる。※2煎(杯)目はお湯を入れて10秒待ちます。

大人数分のお茶の淹れ方

会議など大勢の人に同時にお茶を作る場合には、大きな土瓶(陶器)を使うと大変便利です。

10名以上の場合】 (煎茶の場合)

@大きな土瓶(陶器)を4〜5個を用意。

Aひとつの土瓶に約20gのお茶葉を入れ、少し冷ましたお湯(熱湯の場合、一度別の土瓶にいれると冷めます)を注ぎ、約1分待ってから別の土瓶に注ぎ淹れる。

※お湯をしっかりと絞りきる事。また茶葉がたくさん出るので、茶こしがあると便利

B二・三煎目まで注ぎ、茶葉を新しくして同じ事を繰り返せば、均質でおいしいお茶の出来上がり。

  【10名程度の場合】 (煎茶の場合)

  @大きな土瓶(陶器)1〜2個と急須を用意。

  A急須に約15gのお茶葉を入れ、少し冷めたお湯(熱湯の場合、一度別の土瓶にいれ

  ると冷めます)を注ぎ、約1分待ってから土瓶に注ぎ淹れる。

  B二・三煎目まで注ぎ、茶葉を新しくして同じ事を繰り返せば、均質でおいしいお茶の

  出来上がり。

番茶(ほうじ茶・玄米茶)のおいしい入れ方
お茶葉を急須に入れる。
5人で15g(大さじ3杯)
熱湯を直接急須に入れ、約30秒待つ。
均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴までしっかり絞りきる。
※ 2煎目はお湯を入れてからすぐ注いでもOK。
※ お茶の成分は2煎(杯)目で出尽くしてしまいますので、茶葉をお取り替えください。
玉露のおいしい入れ方
ポット等から急須にお湯を入れて冷ます。
(上茶で50℃、並で60℃)
急須のお湯を玉露用の小ぶりな茶碗に8分目ほど注ぐ。残ったお湯は捨てる。
お茶葉を急須に入れる。
3人で10g(大さじ2杯)
茶碗のお湯を急須に入れ、約2分お茶が浸出するのを待つ。
均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴までしっかり絞りきる。
※2煎(杯)目からは、30秒程度でOK。
水出し煎茶のおいしい入れ方

水出し用煎茶ティーバックを冷水ポットへ入れる。
※水0.5リットルに対し、ティーバッグ1袋(5g)が目安

20分たったらトングか長箸でティーバックを良く絞る。
※水だと出にくいので、濃いめに絞るのがコツ。
充分絞りきったらティーバックは取り除く。
※冷蔵庫に入れておけばいつでもおいしく飲めますが、1日位で飲みきりましょう。

◆標準的なお茶の淹れ方

茶種茶碗数茶量湯の温度浸出時間
玉露(上)
3 10g 50℃ 2分30秒
玉露(並) 3 10g 60℃ 2分
煎茶(上) 3 6g 70℃ 1分30秒
煎茶(並) 5 10g 90℃ 1分
番茶 5 15g 熱湯 30秒
ほうじ茶 5 15g 熱湯 30秒

おいしく飲んでいただくための注意点

 

お茶は「淹れる」?「入れる」?

  日本茶インストラクター協会では、お茶をいれる…つまり「日本茶を抽出してその抽出液を作る」ことについては、漢字で書くときは「淹れる」という書き方を使用しています。

表現 意味
煎れる
「煎じる」と読むように、お茶の葉を火にかけ沸騰させたお湯に入れ、煮出してお茶を作ること
淹れる 急須に入れた茶葉を浸してお茶を作ること
入れる

「煎れる」と「淹れる」両方の意味を兼ね備えている

(「煎・淹」は常用漢字ではないため、不特定多数の人を対象にした情報の場合は、常用漢字の範囲内で記述されることが好ましいとされているようです。)

点てる(参考) 湯を加えた抹茶を茶筅(ちゃせん)で手早くかき回すこと

 

正式な表現としては、

 「茶葉を急須に入れる」
 「湯を注いでお茶を淹れる」
・・・となります。

このページの上に戻る
Copyright(c)2005 鹿児島県茶生産協会 All Rights Reserved.